【投資信託】毎月分配型投信より、配当無し型投信の方が絶対いい理由

毎月分配型投信は、分配して投信側の資産が減るのでオススメしません。

毎月分配金があるとなんか嬉しい感じがしてしまうのですが、結局は資産が増えるかどうかなので、一時的にちょっとお金が振り込まれて実際あんまり増えてない、となってしまうと意味がありません。

スポンサーリンク



投資信託は、ある意味会社のようなもの

会社が配当を多めに出してしまうと、資金がなくなり競争力を失うように、

投信にも同じことが言えると考えています。

不動産や株式に投資して運用益を出しているのが投資信託ですから、

運用するための資金は大きい方が、良い運用を出来る可能性が高いと考えます。

結局は、どれくらい儲かるかでしょ?

私を含めて、日本人って毎月分配という響きに負けている人が多いと思います。

でも、結局はいつまでにどれくらい儲かるか、でしょ?

★500万投資毎月10万、1000万投資毎月20万・・・

私も初期は、毎月10万入ってくればいいなとか、毎月20万入った時にはいくらになるのか

と考えて、毎月の配当が基準価格の3%台など、非常に高いものばかりを好んで買っていましたが、結局あまり増えてないんですよね。。。

投資信託とは育てていくもの

私はSBI証券で投資信託を買っているのですが、ここでは条件を絞って検索したり、CSV(エクセルのようなもの)にダウンロードして見ることができます。

つまり、過去3ヶ月、6ヶ月、1年などで大きく価格上がっているものだけをソートできるのです。

これで自分の好みを決めて資産を振り分けることである程度安定して資産が増えていくようになりました。

緩やかでもいいので、上昇しているものを買え!

好みの問題もありますが、私は少しずつでもいいので、長い間ずっと上昇しているものを買います。

そんなのあるの?と思われるかもしれませんが、あります。

2017年時点の話ですが、次回は、私のオススメ銘柄をご紹介します。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする