【超簡単】NISA(ニーサ)を使って投資する時のメリット

投資信託で儲けるためにNISAを使わない手はありません。

なぜなら、税金がかからないからです。
それでは、NISAを使って投資信託を買う際のメリットを紹介していきましょう。

結論

・20%かかる税金が0に
・20歳以上の成人であれば、年間120万円まで使える

スポンサーリンク



NISAって何?

NISAとは、簡単に言うと、税金がかからない枠のことです。

普通、投資をして利益が出たら、そこから税金を取られます。

・通常20%
100万円利益が出る⇛20万円引かれる⇛80万円になる

・NISAを利用
100万円利益が出る⇛引かれない⇛100万円の利益

株や投資信託を運用している人、これから運用しようとしている人は、使わない手はありません。

一人年間120万円までoK

成人1人あたり、年間120万円です。
この枠が原則毎年追加されます。

なので例えば5年経過すると600万円まで可能ということになります。

繰り返し利用はできない

例えば20万円の株をNISA口座で買います。
それを売って、同じ株を20万円買います。その場合40万円の枠を使用し、残りは120万円ー40万円=80万円になります。

なのでデイトレートと呼ばれる1日で何回も売り買いするような投資スタイルの場合は、すぐに使い切ってしまうことになります。

繰越はできない

2017年に付与された120万円の枠を一回も使わないとします。
すると翌年240万円に増えそうな気がしますが、増えません。

国は投資を、うながすためにNISAを作ったので、一年以内に投資してくれないと120万円がなくなりますよ。ということです。

つまり、過去の分は全く利用できないわけですね。

2023年まで継続予定

このお得なNISAも永遠に使える訳ではありません。
2023年分までとされていますので、もしNISAを使いたい!という人がいましたら、すぐにでもNiSAを開設するほうがいいでしょう。

おすすめはSBI証券

株取引、投資信託の運用ならSBI証券がおすすめです。
それは、株取引の際の手数料が比較的安く、投資信託の銘柄数が圧倒的に多いからです。

SBI証券のホームページはこちら

次回は、実際にNISA口座を開設して取引するまでを書きます!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする