素人が株取引やるなら長期投資一択

<先に結論>

プロのトレーダーには勝てない

プロは素人のお金で稼ぐ?

短期売買は抜群のスキルが必要

可能性があるのは長期保持!

スポンサーリンク



プロのトレーダーって知ってますか?

超お金持ちの資産を運用したり、投資家から集めた資産を運用して増やす人たちのことです。

当然、めちゃくちゃ勉強してますし、他の人のお金なので、ミスしたら大変なことになるリスクと戦いながらトレードしています。

ゴールドマン・サックス銀行のトレーダーとかですと、年収3,000万とかすごい人だと1億とかザラにいます。

なので、彼らに勝つ技術がない限り、対抗出来ません。

もちろん、素人vsプロみたいに個別で戦っているわけではないので、勝たなくても儲かる可能性はあります。

株取引の売買の種類

種類といっても色々あるのですが、今回は保持する時間の長さの話です。

株価のグラフ一度くらいは見たことあると思います。

株価は、息をするように常に変化しています。

短期で売買する人は、買って、1分後に売るような短い時間での取引を繰り返しています。いわゆるデイトレーダーですね。

株価の動きなどをみて、短期の売買を繰り返し、儲けていくスタイルです。

その他に、数日保持するスイングトレードというものもありますが、これも先を読む力が相当必要です。

ということで、株について詳しくないけど、儲けたい、取引してみたいという方には長期の保持をお勧めします。

なぜ長期投資の方がいいのか?

勝率が50%(以上)だからです。

上がるか、下がるか。ですからね。

当たり前でしょ、と思われるかもしれませんが、自分がこの先伸びると思う会社の株を買う、それが株の基本原理です。

また、この50%60%70%に上げることが可能です。

自分の使っている化粧品のものすごくいいし、友達のまわりでも流行っているから、資生堂の株を買うとか、

日清がものすごくおいしいカップラーメンを続々出していて、コンビニを今まで以上に支配仕出しているとか。

なんでもいいんです。

ただ、何かニュースを発表してからでは遅いです。

それでいいなら、誰でも儲けられます。

コツは自分の周りをよくみて、信じられる会社の株を買うことです。

次は、株取引を経験するだけで10万円くらいの価値はある。です!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする