最大月60万円の治験アルバイトで稼ぐ方法!!

治験アルバイトとは?

治験アルバイトとは、簡単にいうと薬を世の中に出す前の最終チェックのお手伝いのことです。
薬を飲んで、採血などし、データを取られる代わりにお金をあげるよ。というシンプルなアルバイトです。

スポンサーリンク



1ヶ月で60万円が相場

いくつかタイプがあるのですが、多くて1日2万円もらうことができます。
大きく分けて3タイプあり、事前の検査、それに通過して仕事をもらうと、通院(日帰り)タイプ、泊まり込んで、検査を行う入院タイプがあります。

事前検査 1回 3,000~5,000円
通院タイプ(宿泊型) 1日 8,000~12,000円
入院タイプ(日帰り) 1日 15,000円~20,000円

入院タイプは30日間という長いものもあり、最大で60万円の報酬が出るものもあります。
ただ、どこでやるか、どんなプログラムを実施するかで単価は変化しますので、あくまで相場ということでご認識ください。

健康で暇でお金が欲しい男性はすぐに登録!

ネットでお金を稼ぐ手段をたくさんありますが、検査に通過して規則正しい集団生活をすることで最大60万円+交通費を確実にもらえるので、すごくおすすめの稼ぎ方です。
一般的にネットで稼ごうとするとどのくらい実際に稼げるのか、分からないものも多くありますが、治験でのアルバイトは報酬単価もよく、確実に貰える額が決まっているという意味で、条件に当てはまる人は是非検討してみてください。

お金をもらえて健康になれる一石二鳥のバイト!

アルバイト中は試験の結果を正しく出すために決められた食事をし睡眠を正しくとり、とにかく健康的に生活となります。

喫煙者の方は禁煙となりますし、いつも食べすぎてしまう人も決められた量を食べます。
逆に残すことも許されませんが・・・。

ですので、何かに縛られるのが嫌いな人にとっては辛い可能性もあるのですが、
基本普通に生活していればOKなので、1ヶ月もその生活をすると嫌でも健康になってしまいます。

そして、その生活の終わりに60万円貰えるのですからそんないい話はありませんよね?

副作用が発生してとんでもないことになったりする危険はないの?

結論から言うと、危険は0%ではありません。
ですが、新薬を試すといっても作ってすぐに飲まされる訳ではありません。
外国で色々試して大丈夫だった薬の最終チェックとして日本人で検査することがほとんどです。

普段市販されている薬や病院で処方される薬を飲んでも安全である可能性は0%ではないのとほぼ変わりません。
また、「保険にも加入しているので、安心です。」と書いてあるサイトも結構あるのですが、
いくら多額の保険に入ろうが、何か副作用があったらどうするんだよ!と私も思います。

ドラッグ・ラグを知っていますか?

これは薬が承認され、発売されるタイミングのズレのことです。
日本では他の国に比べて何年も発売までに時間がかかることで有名です。

日本は慎重過ぎることと、審査をする人数が外国よりも遅いことが原因とのことですが、
それはされおき、これが治験と何の関係があるかというと、治験でテスト薬は既に海外で発売されていることもあるので
人体に害のある薬が先に発見されており、日本でテストされる頃には、すでに多くの人々がチェックした後、ということになります。

ただ、道を歩いていても危険が0%ではないのと同じレベルだと思うので、個人的には安全と言ってしまっていいのでは?と思います。
※あくまで個人の意見です。

また、完全に安心ではないので、結構いいお給料が貰えると考えるべきでしょう。

ですので、少しのリスクは承知の上という方はとにかく高額なものを選べばいいですし、危険なのは嫌だけど治験アルバイトしたいという方は、リスクの極力少ないビタミン剤などを選ぶようにしましょう。

給料に税金がかからないってホント?

原則、何か労働をして稼いだお金は所得税などの課税対象になりますが、治験アルバイトに関しては課税対象から外れるという噂があり、調べてみました。

これも結論からいうと税金はかかります。

治験アルバイトで稼いだお金は正確にいうと、謝礼金なので、所得にカウントしないと記載しているところもありますが、
源泉徴収はされないが、雑所得という分類になる。ということです。

給料所得がない人でも年間38万円を超えると確定申告が必要になりますので、ご注意くださいね。

遅刻した時点でアウト?検査は結構厳しく生活態度も見られる!

1ヶ月など長い時間大勢と集団生活しながら決めれた流れで生活する必要がある入院タイプは、健康で時間あるだけではなく、「みんなと仲良くやれる人か?」「言われたことを守れる人か?」など基本的なことも見られます。

ですので、検査の際に遅刻をした時点で「この人大丈夫だろうか?」と思われてしまいます。就職面談などと同じですね。

遅刻した時間や理由などにもよりますが、対応してくれるスタッフに「次遅刻したら次はありません。」と言われることもあるそうです。

もちろん一発レッドカードもあり得ると思います。
これもサービス毎に色々ルールがありますので、詳しくは担当の方に聞いてみてください。

治験に詐欺に気をつけて!

治験詐欺とは、治験アルバイトを探している人がだまされて、お金を取られることです。
私も初めて見た時は、まさか!と思ったのですが、被害にあわれる方が実際にいるそうです。

高額アルバイトとして有名になった「治験」ですが、それを利用して登録料などの名目で利用者からお金をとり、実際にアルバイトを紹介しないというサービスがあるようです。

額としては2000円〜3000円と大きくはないのですが、数万単位で稼げるアルバイトということもあり、初期投資として支払ってしまう人がいるようです。

原則として治験アルバイトの登録にお金はいりませんし、維持費なども一切かかりません。
もし登録しようとしてお金を要求されたらすぐにそのサイトから立ち去りましょう。

大手4社をご紹介

正直この4社だけ登録していればいいと思います。
内容が内容だけに信用できないサービスで仕事の紹介を受けるのは怖いですし、小規模なところは仕事も少ないので、非効率です。もしよければ大手のサイトを覗いてみてください。

JCVN
http://www.jcvn.jp/

VNET
https://gogochiken.jp/

生活向上WEB
http://www.seikatsu-kojo.jp/

VOB
http://www.vob.jp/

入院タイプに参加するまでの流れ

1,治験サイトに会員登録し、健康診断を受ける

先程紹介したようなサイトに登録し、事前の健康診断を受けます。
サイトへの登録の際に治験に参加するための条件を満たしているかを見られます。
基本下記のような条件となります。

★日本国籍を持っている(ハーフやクオーターでもダメなようです。)
★20歳以上の男女
★BMIが18.5~25の方(太り過ぎず痩せすぎない方)
★非喫煙者(入院中禁煙できればOK)
参考)V-NET(医学ボランティアネットワーク)
https://gogochiken.jp/phase1-a/

2,事前検査

上記を満たし無事に会員登録できると、健康診断を受けるように勧められます。
これは本格的に検査に参加できるかチェックするもので、いわゆる一般的な身体であれば通過します。
重い持病があったりすると薬の反応が分からなくなる可能性があるため、不採用になる可能性があります。

ただ、この健康診断に行くだけでも最大5000円程度のバイト代をもらうことができるので、不採用になっても納得できます。

3,治験バイト開始

事前検査で採用された人には、担当者からメールなどで連絡があり、実際の治験について詳しい説明を着ます。
当日の検査内容などの説明とともに参加の意思確認をされます。

ここで内容に不満があったり、怖いと感じた時にはキャンセルすることができるので安心してください。

そして、気になる入院期間の過ごし方ですが、ざっくり言うと「外に出れないけど食事が出る漫画喫茶」という感じでしょうか。
中にはゲームやパソコン、読書などが出来るようになっており、資格の勉強などもして構いません。

決められた時間になると薬を飲み、食事をとり、たまに採血されたりして時間が過ぎていきます。
この採血ですが、事前にどれくらい採血されるのか聞いたほうがいいと思います。

検査によって採血の回数は変わり、1日に5回10回と採血されるものもあるようです。
私は注射などが嫌いなので、極力採血の回数が少ないものを選んでいました。

食事は、病院食のようなものをイメージされるかと思うのですが、
いわゆる一般的な生活を想定しているので、一般的な家庭のご飯のようなものが出てくることもあるようですが、これも一概には言えませんので、気になる方は「どんな食事が出ますか?」と聞いてみて下さい。好き嫌いの多い方も同様、例えば「ピーマンは出ますか?」などと聞いてもいいかもしれません 笑

4,入院生活終了と事後検査

入院期間が終わると解放されます。

多くはこのタイミングで謝礼と言う名のバイト代が交通費とともに支給されます。
検査にもよりますが、事後検査といって、退院後の効果を確認されることがあります。
ですので、退院後の予定も確認しておく必要がありますので、ご注意くださいね。

それではやってみようと思った人はこちらから会員登録を!

JCVN
http://www.jcvn.jp/

VNET
https://gogochiken.jp/

生活向上WEB
http://www.seikatsu-kojo.jp/

VOB
http://www.vob.jp/

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする