せどり(転売)は稼げるが、時間と経験が必要!!

せどりとは?

せどりとは、商品を安く買って高く売ると言うシンプルな稼ぎ方です。

簡単な例でいうと、ブックオフで100円で売っていた本を、amazonで200円で売るというものです。

この場合、

200円ー100円ー手数料=稼ぎ
ということになります。

amazonのアプリをスマホで見ながらブックオフにいき、値段の差が出ているものを買っていき、購入した金額以上で売れれば稼ぎになります。

スポンサーリンク



稼ぐのは比較的難しくないが経験が必要

少しでもプラスにすると意味では難易度は低いですし、やることがシンプルなので誰にでも出来ると言っていいでしょう。

ただ、時給で換算した時にアルバイトより稼ぐ、ということになると経験を積まないと難しいでしょう。

作業がしっかり発生する

確実性が高い分、自分の足で仕入れる必要があり、ブックオフやGEOなど中古品を販売するお店に直接足を運ぶ必要があります。

しかも近くに仕入れられる店舗がないと行くだけで時間がかかり、効率が下がります。

ただ、勘所をつかめば安定して稼げます。

中古品店で安く売られていてamazonなどで高く売れるものには、特徴があり、値段を見比べ続けていると、どれを買えばいいか一目瞭然です。

iphone転売で稼いでいた友人

数年前になりますが、SIMフリーiphone転売は結構稼げました。

香港などで安く仕入れてきて、amazonで売る。6万円で仕入れて10万円近くで売れていました。

手数料を引いてもいい利益です。

ただ、今はショップに持って行けばSIMフリーに改造してくれるので、需要はありません。

何を言いたいかというと、稼げるものを見つけても、その情報が広がったり携帯のように業界の変化で長くは続かないのです。

月に100万円稼いでいる友人の話

元々大手のショッピングモールに勤務していて退職後、せどりで生計を立てている人が友達の中に2人います。

1人は先程のiphone転売の人です。

もう1人は、amazonを使って月に50-100万円利益を出しているそうです。

その人は1人パートの人を雇い自分の作業を極力減らしているので、不良所得に近い状態です。

彼はショッピングモールの内部にも精通しているので、内情に詳しく元々何をやればリスク無く稼げるか知っていたので、稼いでいるのもうなずけます。

所持金を超えて仕入れてはいけない

せどりの場合、必要なのは何を買えば儲かるかの知識とそれを買う資金です。

クレジットカードを使うと理論上は限度額まで購入することができます。

初めは自転車操業という、資金以上ものを購入し、当月に何とか売って支払うというギリギリの方法で始める人もいますが、それでは何かの理由で売り抜けれない時にはカード破産してしまいます。

ですので、初心者の方でせどりをやってみようという人は、10万円持っているなら、10万円以内の仕入れでとどめておきましょう。

ネットショップだけでも理論上稼げる

世の中には多くのネットショップやオークションがあります。

一度は、ネットショップで何かを買ったことがある人はほとんどではないでしょうか。

例えばネットショップが10個あるとします。

スマッシュブラザーズという人気のゲームがあり、これをamazonと楽天で比較すると

2/19現在、amazonでは6,154円、楽天では6,588円です。

※値段は日々変化しますので、一例ということで御覧ください。

楽天 大乱闘スマッシュブラザーズ [Wii U]

AMAZON 大乱闘スマッシュブラザーズ [Wii U]

簡単にいうと、amazonで買って楽天で売れば434円の利益がでます。
実際は手数料や送料の計算があるので、一概には言えませんが例えばこんな感じです。

ショッピングモールのポイントが貯まる

小さなメリットですが、

例えば上記のように楽天で仕入れてamazonで売る場合、

楽天ポイントがストックできます。

普通の人よりたくさん購入するせどり転売人は多くのポイントがGETできます。

小さな利益ですが、国内のネットショップはポイントを溜められるので、ちょっとしたボーナスとして捉えてみるといいでしょう。

せどりは無くなりにくいサービス

近い将来ネットショップがなくなる。ということは考えにくいので、せどり自体ができなくなることはまずないでしょう。

もちろん色んな状況の変化で効率や稼げる額が変動する可能性はありますが、興味がある、やってみたいという人は長い目で考えてもいいのではないでしょうか。

まとめ

せどりは、ちょっと稼ごうとするのは簡単です。

ただ、安定して生活できるほどの利益を出そうとすると、知識、経験、資金が必要です。

知識や経験とともに作業も効率化して、人を雇うレベルになれば私の友人のようにそれだけで生活できるようになるでしょう。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする