「情報商材」について正しく理解して圧倒的に稼ぐ方法

情報商材って何?

情報商材とは簡単に言うと、価値のある情報を文書や画像にした商材のことです。

例えば、
ゴルフスコアで100を切る方法
ネットオークションで効果的に稼ぐ方法

などです。
情報商材を知っている方は、あの怪しいやつね?と思われるかもしれません。

半分はその通りです。
ただ、本来、特定の人に価値のある情報を売るという真っ当なものですし、しっかり内容を充実させて本当に価値あるものも多くあります。

皆さんが普段読む書籍も価値ある情報を購入するという意味においては同じです。

では、本当は何が違うのか。
下記三点です。

文書の長さはそれぞれ
値段設定が幅広い
ターゲットが狭い

簡単にいうとネットで売っている専門書というところでしょうか。

どうやって稼ぐの?

情報商材を販売しているサービスに登録する。
⬇︎
情報商材を作る
⬇︎
売れるのを待つ

これだけです。

自分が持っている本をamazonで売るのに似ていますし、amazonで情報商材を売ることもできます。
すごくうまくいけば、月に何十万、何百万円稼ぐのも可能です。
誰しも自分にしか知らないとっておきの情報を1つや2つ持っているでしょう。
それを文書にして、たくさん売れればその分稼げることになります。

誰でも販売することができるの?

成人の方であれば、誰でも販売できるサービスがほとんどです。

ただ、情報商材を作るには多少パソコンの知識が必要です。自身でタイピングしてWordなどで資料を作ることができるだけなのですが、パソコンを仕事などで使う方なら、簡単な部類に入ります。

情報商材で稼ぐ時の注意点、気をつけること

誰かのコピーはダメ絶対!!

情報商材には、書いた人の著作権があります。
他人が販売している情報商材を買ってそれをコピーして販売するのは犯罪です。

皆さんも、ご自身が頑張って作ったものを誰かがコピーして売っていたら怒りますよね?
当たり前のことですが、一部抜粋して使うことも危険なのでやめておいた方が無難でしょう。

また本などで書いていることも同じく著作権がありますので、他人が書いたものはブログであれ、手紙であれ、盗用しないようにしましょう。

価値のないことを書くのはやめよう

簡単な話ですが、1万円の情報商材を作って売るとします。
その内容が誰もが知っていることだったら、購入した人は怒ってしまいます。

これは感じ方は人それぞれなので、判断が難しいのですが、少なくともどういう理由で1万円するのかしっかり答えられるようにしておきましょう。

もし本当に内容が薄いものを、お客を騙して販売すると詐欺罪になる可能性があります。

と、脅しのような注意点でしたが、誠実な商品を作り、丁寧に販売すれば、変なことに巻き込まれることはありませんので、どうか必要以上に怖がらないようにお願いします。

情報詳細サービスを提供しているサービス大手3社

登録はこちらから!
インフォトップ
インフォカート
サブライムストア

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク