SEO初心者が最初に知るべき7つのこと

SEO初心者の方のために、超基本的な所から丁寧に説明しています!

SEOって何?

SEO(エスイーオー)は、Search Engine Optimizationの略です。

簡単にいうと、GoogleやYahoo!で検索した時に上位に表示されるための方法のことです。

検索エンジンとは順位付けシステムのこと

検索エンジンとは、Googleなどが提供するシステムのことです。
たくさんサイトが有る中でどのページを上位に表示するかを色々計算して決めています。

検索したことがないという方はほとんどいないと思うので、皆さん検索結果を見たことがあるはずです。

検索エンジンはいくつかありますが、検索エンジン毎に、どのページを何番目に表示するかは異なります。

それは、検索エンジン毎に違う順位付けをしているからなのですが、この順位付けするための計算式を「アルゴリズム」と言います。

Yahoo!も結局はGoogleである。

数年前まではYahoo!とGoogleはそれぞれにアルゴリズムを持っていて、もちろん検索結果も別のものでした。

しかし、最近ではYahoo!がGoogleの検索エンジンを採用し、Yahoo!で検索していても、それはGoogleの検索結果を同じになっています。
※広告の部分の表示は別ですが・・。

どうやって検索結果を決めているの?

先程のお話の通り、日本で一番使われているYahoo!も結局中身はGoogleですので、このページでは、GoogleのSEO、つまりGoogleで検索された時にどうやって上位に表示させるかを中心にお話します。

結局は人が見て「これが一番詳しくて正しいよね」というページがSEOに強い

このページの説明を一言でいうとこれです。
「人間が見て一番いいページがGoogleにとってもいいページ」

例えば「SEOとは」というワードで検索した時に、
検索した人が求めているのは、SEOについての詳しい説明です。

SEOについて書かれたページが100ページあったとして、街頭インタビューでどれが一番ページだと思いますか?と聞いたとします。

そこで一番票を獲得しそうなページがGoogleでも上位に表示されます。

GoogleはAI(人工知能)に進化している

Googleが検索エンジンを作り初めた1990年代後半〜2000年代前半まで
実は精度はイマイチでした。

先程の「SEOとは?」で検索すると、検索するワードがとにかくたくさん入っているページが上位に来てしまったり、SEO業者と呼ばれる人達が、そのページに意図的にリンクを貼り付けたりすることで、そのページが上位に来ていたりしました。

この傾向は今でも少しありますし、他社のページをお金をもらって上位表示させるSEO業者は今でもたくさん存在します。

ただ、一つだけ間違いなく言えるのは、もう裏技は通用しなくなってきているということです。
それは何故かというと、Googleの検索エンジンが賢くなりすぎて悪さができなくなったのです。

現在、人工知能(AI)の技術が進化し、先程申し上げた人間が見て良質なサイトをGoogleが見つけ出せるようになったのです。

良いサイトってどんなサイトだと思いますか?

Googleは人間が見てこれは良いページだよね。と思うページを上位表示させようとしています。
では、人間が良いページだと思う要素ってなんでしょう。

それは、下記の7つです。

1、どこよりも詳しいこと
2,オリジナリティがあること
3,正しく書かれていること
4,情報が新しいこと
5,他の人からも評価されていること
6,内容がまとまっていて読みやすいこと
7,周辺の情報も存在していること

これを満たすページって良いページだと思いませんか?
もちろん感じ方は人それぞれなので、多くの人が良いと判断すべき指標をバランスがバランス良く配合されているページが上位表示されます。

この7つの要素を意識して記事を書くことが一番の近道

現在でもSEOの手法というものはたくさんありますし、たくさんの人がGoogleを攻略しようと必死になっています。
ただ、10年以上に渡るSEOの歴史を見ると、かつて存在した裏技のようなものも、結局はGoogleに対策されてしまい、
イタチゴッコになっています。

ですので、この7項目を満たすサイト作りをすることが最短ルートなのです。

それでもいくつか手法はある

これからSEOを意識したサイト作りをするぞという方は、Googleがすごく賢い人間だったら?と考えて対策すべきです。

そう考えると、どのように記事を書けばいいか、サイトの構造をどうするか、自然に決まってきます。

全て自分で書くこと

世の中にはコピーされた記事が溢れています。

誰かが書いたものをコピーして、そのまま貼り付けるのはすごく楽ですが、Googleは常に膨大なページを読み込んでいるので、すぐにコピーだとバレますし、そのページは低い評価になってしまいます。

ですので、「全て自分で書くこと」をオススメします。
このページも一部を除き、全て私の手で書かれていますし、それをGoogleは知っています。

一部引用を用いて表現することは問題ないですが、必要最低限にすべきでしょう。

長く書くこと

長ければいいという意味ではありませんが、
「1、どこよりも詳しいこと」ものを書く際に長いことは必要条件です。

ですので、内容のある文章を長く、、ということになるでしょうか。

段落分けをしっかりすること

記事には見出しがあると思いますが、次に何を書くべきか明確にすることで、
全体の強弱をGoogleは見ています。

だらだらとした長い文章を続けるのでなく、簡潔に適切な数に分けて表現しましょう。

語尾を揃える

本屋に並んでいる本を想像してほしいのですが、
基本、語尾などの表現が統一されていますよね?〜ます

SEOについて書かれた記事で、ここまでちゃんとしなさいと書かれたものは少ないですが、
近い将来こういう細かいところも評価に関係すると考えています。

書く前にそれが正しいか調べる

考えすぎかもしれないのですが、近い将来正しいことを書いているかどうか、Googleに判断される気がしています。

ですので、細かいことでも本当に正しいと言えるかをチェックしましょう。

そして、もしミスがあって訪問者にそれを気づかれてしまうと、サイト自体への信用がなくなってしまう可能性があるので、ご注意下さい。

サーチコンソールへの登録は必須

サーチコンソールというGoogleが提供しているツールがあります。
※ご自身でサイトを運営している方が対象となります。

簡単にいうと、Googleでしっかり検索エンジン向けの対策が出来ているかチェックできるツールです。

第三者が提供しているツールより、Google本体が提供しているものなので、必ず登録しておきましょう。

サーチコンソールの登録はこちらから

お使いになるにはGoogleアカウント作成が必要になりますので、お持ちでない方はこの登録から始めましょう。

これは何をするためのものかというと、大きく2つです。

1,検索エンジンに評価されているかを知ることができる
2,エラーが出ていたら教えてくれる

一見、大したことじゃなさそうに見えるのですが、先述の通り、Google社自体がどのくらい評価していますよと言ってくれるので、ほぼ100%正しいことを知ることができるというのが重要なポイントです。

エラーの方に関してはそのままなのですが、Googleがエラーですよと言っているということは
マイナスの評価になっていますよということですので、全力で直しましょう。

以上が簡単ですが、SEO対策をこれからやってみようという初心者の方のために私が勧めたい方法でした。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク