ソーシャルレンディング初心者が知るべき「利回り」と「リスク」

ソーシャルレンディングとは何か?

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい人(企業)とお金を貸して儲けたい人をマッチングさせるサービスのことです。
少額のお金を多くの人から集めて、それを誰かに貸し付ける。そして稼いだ金利を、貸し付けた人に分けるという仕組みです。

簡単に言うと、下記のような図になります。

基本的な流れは簡単で、投資家からお金を集めて、例えば13%で企業に貸し付ける。
その13%の内、サービス運営者が手数料として6%を取る。
残りの7%が投資家へ支払われるという仕組みです。

スポンサーリンク



実際利回りってどれくらいなの?

もちろん商品やサービスによってムラはありますが、5%~15%の範囲のものが多い印象です。

これはクラウドクレジットという国内大手のソーシャルレンディングの実際の商品です。

利回り10%とは、100万円投資すると、110万円になって返ってくることを意味します。

ようは1年で10%お金がが増えるということですね。

その他の金融商品と比較!!

全部100万円預けて増える額で統一しています。(2017年4月現在)

普通預金 0.0001% (+10円)

10年国債 0.07%(+700円)

銀行定期金利  0.15%(+1,500円)

社債 1.5~3%(1.5~3万円)

投資信託 5~10%(5〜10万円)

外貨預金 5~10%(5〜10万円)

ソーシャルレンディング 5~15%(5〜15万円)

不動産投資 10~20%(10〜20万円)

株・FX 計測不可能

全部成功する前提でいくと、株やFXなどをデイトレードする方が圧倒的に運用益は出ます。
ここでみると、不動産投資や、株式の売買の方が儲かる気がします。

しかし、投資はリスクとのバランスが大事ですよね。

株やFXは結局プロの人達に搾取されて終わる人が90%以上です。

不動産投資も属性が良くて低金利でお金を借りれれば、結構良い投資になります。しかし、庶民は年利3~4%など高金利で借りざるを得ないことが多く、いい物件でもローンの支払いに苦しみます。

その点、ソーシャルレンディングは、リターンとリスクのバランスからみて、お得ということができると思うのです。

では、ソーシャルレンディングにおけるリスクって何?

投資家から見たリスクは3つあります。

1、貸し倒れリスクがある

これは、運営者が集めたお金を貸し付けて、それを回収できないことをいいます。

1億円企業に貸したんだけど、その企業が倒産してしまって、一部を回収できなかった。

こういうことが、多く起きてしまうと、貸し倒れてしまい、投資した分よりお金が減ってしまうことがあります。

ただ、最近では、不動産など担保を付けて貸し出すようにしている案件もあるとのこと。

これは、もしお金を回収できなくても担保になっている不動産を売却して、資金を回収するということです。

2,途中解約できない

これは結構厳しい条件です。ご存知のように銀行などでは定期にしてあっても解約できますし、不動産も流動性が悪いとは言え、数ヶ月あれば売却は現実的です。

ただ、ソーシャルレンディングの場合は、途中でお金返して!と言っても不可能なのです。

ソーシャルレンディングは投資商品としてパフォーマンスがいいのは、ここが理由だと考えていいでしょう。

つまり、途中解約出来ない分、比較的少ないリスクで高利回りを実現しているのです。

3,運用について指示することは出来ない

これは投資信託などと同じですが、誰にどれくらい貸したかなど公開される訳ではないですし、詳細な運用状態などについても個人投資家から意見することは出来ません。

まぁそんなことが出来たら、色んな意見があって運用できなくなるでしょうしね・・。

ただ、各社、案件についての出来るだけ詳細な情報を公開しているので、ご自身にあった案件はどれかしっかり読んで確認しましょう。

実際に貸し倒れて投資家が損をしたことはあるの?

実は有ります!

他のサイトでは、貸し倒れはありません。と書いているところもありますし、限定的に見ればそうなのかもしれませんが、過去にSBIで発売されたもので、いくつか返済の遅延があったり、貸し倒れてしまったことがあるようです。

ただ、多くの案件が、しっかり運用されていることも事実です。

個人的にはこれが、ソーシャルレンディングを加熱させている理由の一つだと考えています。

大手サイトには運用実績が公開されているところも多いので、是非ご覧になってください。

最後に国内大手のサービスをまとめておきます。

maneo(マネオ)
Crowdcredit(クラウドクレジット)
OwnersBook(オーナーズブック)
ラッキーバンク
クラウドバンク
SBIソーシャルレンディング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする