【投資信託】初心者はまず3万円で勉強しよう!目標は不労所得生活!

結論

・投資信託とは、プロの投資家にお金を預けて運用する投資手段。
・株やFXと違い1日何百万も儲かったりすることは少ない。
・月に5万、10万と積み重ねていくことは可能であり現実的である。
・リスク分散のために色々買おう
・まずは無くなってもいいかくらいの額を買おう

スポンサーリンク



投資信託は初心者にオススメ

ということで、個人的にはオススメの投資方法です。
私も1,200万円分くらい持っています。

今まで株とかFXとかやりましたが、投資というよりはギャンブルに近い買い方でした。
長い目で見ていく投資であれば、リスクとリターンのバランスが良い投資信託はどうでしょうか。

世界経済は3~4%成長している事実

悲しいですが、日本の将来は、人口が減っていき大きな成長を見込めるとは言えません。
ただ世界的に見ると、平均で年間4%成長しています。

ざっくりな話で恐縮ですが、世界の国の金融商品を全部買えば、4%増えるということになります。
世界銀行の記事よると2017年は世界平均で2.7%の成長率になりそうとのこと。

ただ、世界中の株式を買うなんて、実際無理です。
日本人が買えない株もありますし・・。

そこで投資信託です。

たとえば、ヨーロッパ、アメリカ、アフリカ、中国、インドの金融商品や不動産で構成された
投資信託を買えば、ある意味で世界中に投資していることになり、リスクヘッジも可能となります。

実際、そんなに簡単ではないのですが、考え方として間違ってはいないので、参考にしてみてください。

毎月分配金は嬉しいけど注意

投資信託の商品は、分配金という配当をくれる商品があります。
パターンは色々あり、そもそも配当しないもの、毎月くれるもの、半年に一回のものなど、
商品によって違います。

配当をもらえるのは、非常にうれしいですし、買えば買うほど配当金も増えて不労所得??
と考えがちですが、これもそうはうまくいきません。

何故かというと、配当を出した日は、価格が下落するからです。
1%分の配当を出して、価格が1%下落したら意味ありませんよね?

なので、本来であれば配当を出しても価格が下がらない、
下がっても少しだけという商品がいいでしょう。

まずは無くなってもいいかくらいの額を買おう

投資信託をやったことがない、株の取引もないという初心者の方は、
まず数万円でやってみましょう。

人によりますが、私は10万円で始めました。

これは、大恐慌が起きて全部無くなっても、そこまで悲しくない額。
そして、毎日価格をチェックしたくなる額という意味です。

人によって、3万円だったり100万円だったりするでしょう。

まず、敵を知ること、ということで気軽に始めましょう!

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする